ゆりあのパチンコブログ
目指せパチプロ! パチンコの収支を日記風につづっております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月の収支報告

+240,000

勝っても負けてもなぜ勝ったか、なぜ負けたかを考えることが大事。

土日はお店は閉めると一般的に言われてるが、なぜかわかりますか?
店側は出玉のバランスを一日中考えています。だれが考えてるか?店にいる店員や店長さんではありません。
お店の中にあるホールコンピューターです(以下ホルコンと呼ぶ)。
ホルコンは出玉を自在に操ることが出来る親分です。
親分がいれば当然子分がいますよね。子分は誰でしょうか?ここでも店員さんではありません。お店に設置してあるすべての台です。
ホルコンはお店が1日トータルで赤字にならないよううまく調整する魔法を持っています。
その魔法を使って自在に出玉を操っています。

本題に戻りますが、土日は一般的には人が多いため、多くのお客さんにたくさん出すと店は赤字になります。
そうならないようホルコンは出玉を操ってうまく調整しています。
どこのホルコンも例えば、出玉調整スイッチみたいなものがあって、例えばそれを10%と入力すると、その日に店に来たお客さんが1,000人いたとして、投資合計が1千万あったとしたら、そのうちの10%の100万円がお店の取り分となり、900万がお客さんに還元されます。
このようにホルコンはうまく黒字になるように自在に操ることが出来ます。
お店の仕組みは分かりましたでしょうか?
次回はお店で勝ち続ける方法を掲載します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。