ゆりあのパチンコブログ
目指せパチプロ! パチンコの収支を日記風につづっております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月は負け
 今月は4号機時代の終焉とも言えるような店の出方だったように思います。私も今月は思ったような成績を残すことなく終わりそうです。  ところで4号機はやはり今月いっぱいなのでしょうか?ある知り合いが言ってましたが、今月はどの店も4号機に関しては出し渋っているようです。理由は、5号機を取り入れる準備のため資金が必要だとか。  私はよくわかりませんが、もし、それが本当だったらせめて5号機に少しは期待したいものです。  最後くらい出してもいいような気がしますね。

スポンサーサイト
とても悲しいです
 4号機は今月いっぱいでなくなると昨日知り合いからメールで聞かされました。
私は7月いっぱいだと思ってたんですけど、今月だったらもう番長や北斗は打てませんよね。台に有効期限が書いてありますけど、確か7月31日だったような。。。
 私は5号機を打つつもりは全くなく、パチンコの方が勝つ額が大きいからこれからはパチンコしか打たなくなるでしょう。
 私はひそかに4号機時代がまたいつの日か戻ってくると信じています。
 パチスロファンには絶対に5号機を打って欲しくないです。今日も感じましたが、番長や秘宝伝にはたくさんお客さんがいましたが、5号機はまばらでした。
 5号機だけになったらどうなるんでしょう。はっきり言って空席が目立って欲しいです。
 お客さんが減ったことによってまた4号機時代が戻ってくると信じております。
 みなさんはいかがですか?
そろそろパチンコをやろうかな
昨日と今日は番長で負けました。
パチンコはお客さんがたくさんいました。
番長も北斗も今月いっぱいでなくなるからそろそろパチンコやろうかなぁ。
今日も予定通り夕方から打った。
私はいつも夕方から打つことが多い。
土日しか打てない私のように普段仕事をしている方は参考にして欲しい。
朝一から打つことを好まない理由は朝一勝負だとどうしても高設定台を確保しないと勝てない可能性が高いからだ。
土日はお客さんでいっぱいだが、夕方からちらほら空き始める台を狙うのがいい。
朝一から爆発してお昼過ぎに終了し、その台が空き台になって高設定だと思って座るのはよくない。
一番いいのは夕方までほとんど出てないか、ボーナスが夕方まで数回程度の台がよい。
もともと番長のようなストックは連荘してナンボですよね。
ですから、連荘してない台を狙うのです。
はまっている台に夕方から座っても設定悪そうだと一般的には思われるが、勝ち続ける方法1でも言ったように、お店はホルコンで出玉調整している。
ですから、朝一に爆発した台は昼も爆発し、夜も爆発し、1日中爆発することはない。なぜならお店は採算を取るためにどの台にもそこそこ均等に出しているように見せて、実は少しばかり黒字を増やすように操っているからだ。
朝も出さず、昼も出さない台は夕方に爆発することが多い。
これはとても重要なことです。夕方に出す理由はおのずと分かりますよね。
さっきも言ったように収支を均等に保つように見せているのだから。1日中死に台だとお客さんの印象も悪いため、朝出した台はその後止めて、代わりに朝出てない台は夕方出す。そうすることで、どの台も出てるように思わせているのです。
お店が少しでも黒字になるようにうまくホルコンが操っています。

10連
10連って確変が10連したとかっていう意味ではなく仕事が10日連続で出勤になったということ。
土日も仕事だったし、事務職なのにこういう珍しいケースもあるんだなぁ。
先週の土日は仕事帰りに打ちには行きましたが、番長や北斗はこれからなくなるのにそんなに多くの人が打ってる印象がない。
私がいつもホームタウンにしてる店内はとてもキレイで店員の方もすごく丁寧。
お客さんもむしろ年配の方が多く、パチンコ客が若干多いのも特徴。
これから5号機時代が来ると当然出玉は少なくなり、パチンコの方がよいと思われる。
その反動か、番長や北斗のお客さんってこれからなくなるから最後に打っておこうって気にはならないのか、それとも、5号機時代が来るとつまらなくなるから、この際だからスロットからは遠ざかろうって思っているのだろうか。。。。
番長や北斗で10連以上する醍醐味を今まで味わってきたが、5号機時代が到来すればもちろんこういうことがなくなる。
4号機で今まで勝ってきた多くのプロはこれから廃業するのだろうか。
それとも、パチンコに切り替えて生きていくのだろうか。



5月の収支報告

+240,000

勝っても負けてもなぜ勝ったか、なぜ負けたかを考えることが大事。

土日はお店は閉めると一般的に言われてるが、なぜかわかりますか?
店側は出玉のバランスを一日中考えています。だれが考えてるか?店にいる店員や店長さんではありません。
お店の中にあるホールコンピューターです(以下ホルコンと呼ぶ)。
ホルコンは出玉を自在に操ることが出来る親分です。
親分がいれば当然子分がいますよね。子分は誰でしょうか?ここでも店員さんではありません。お店に設置してあるすべての台です。
ホルコンはお店が1日トータルで赤字にならないよううまく調整する魔法を持っています。
その魔法を使って自在に出玉を操っています。

本題に戻りますが、土日は一般的には人が多いため、多くのお客さんにたくさん出すと店は赤字になります。
そうならないようホルコンは出玉を操ってうまく調整しています。
どこのホルコンも例えば、出玉調整スイッチみたいなものがあって、例えばそれを10%と入力すると、その日に店に来たお客さんが1,000人いたとして、投資合計が1千万あったとしたら、そのうちの10%の100万円がお店の取り分となり、900万がお客さんに還元されます。
このようにホルコンはうまく黒字になるように自在に操ることが出来ます。
お店の仕組みは分かりましたでしょうか?
次回はお店で勝ち続ける方法を掲載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。